このページの先頭です

大阪中央ミレニアルズ
ロータリー衛星クラブ

ここから本文です
大阪中央ミレニアルズ
ロータリー衛星クラブ

独自の組織とプロジェクトやプログラムを持ちながら、スポンサークラブである大阪中央ロータリークラブの指導と監督を受け、世界の土俵で活躍できる若い世代の次世代クラブリーダーを育成していくことが目的のクラブです。

大阪中央ミレニアルズ ロータリー衛星クラブロゴ

大阪中央ミレニアルズ
ロータリー衛星クラブ概要

提唱 大阪中央ロータリークラブ
設立 2019年6月22日
RI認証 2019年5月30日
例会日 毎月第2・第4木曜日 19:00~20:00
例会場 ホテルグランヴィア大阪21階
〒530-0001 大阪市北区梅田3丁目1番1号
事務局 〒530-0001
 大阪市北区梅田3丁目1番1号
 ホテルグランヴィア大阪21階
TEL.06-6345-6881
 FAX.06-6345-6882
2019-20年度 
組織図
議   長   藤田 定信
幹   事   大代 剛士

大阪中央ミレニアルズ
ロータリー衛星クラブ
議長挨拶

〈2019-20年度〉

2019-20年度
議長 藤田 定信

藤田 定信
大阪中央ミレニアルズロータリー衛星クラブは大阪中央ロータリークラブをスポンサークラブとして、2019年5月30日国際ロータリー(RI)より認証を得て、2019年6月22日創立総会を開催し設立されました。
1905年シカゴで青年弁護士ポール・ハリスと3人の仲間がロータリークラブを設立し、やがてアメリカ各地にクラブが誕生し、またたく間に世界中に広がりました。日本では1920年(大正9年)に東京ロータリークラブが創立され、その後大阪ロータリークラブを始め各地に誕生して、1984年に大阪中央ロータリークラブ(RC)が創立され前年度35周年を迎えました。
RIは世界のロータリークラブに対して社会の変化に応じて、ロータリーも変化する事を求め続けています。そして変化に対応するべく新しい形のロータリー衛星クラブの設立を推奨しています。

大阪中央RCは20年前に18歳~30歳を対象にした大阪中央ローターアクトクラブを提唱して設立、リーダーシップの育成と奉仕活動を通じて若い人達の応援をしています。そして大阪中央ミレニアルズロータリー衛星クラブの設立は、今までのロータリークラブでは対応されていない新しい価値観と行動力を活用して奉仕活動の幅を広げていきたいとの思いからです。今まではローターアクトを始めロータリー学友会等のロータリーファミリーが卒業と同時に奉仕活動から離れていく姿を多く見ていました。そうした人達やロータリークラブに入会はもう少し後でと考えている人達を対象にロータリー衛星クラブに入会して頂き、リーダーシップや奉仕活動を学んで頂きたいと思っています。

私達は基本的なロータリークラブの理念や活動方針を守りながら、自分たちに出来る事を、自分たちで考え議論を積み上げ、自分たちで決定して、自分たちで活動する事を基本にした運営を目指して、一人ひとり成長していきたいと思います。
大阪中央RCは長い間積み上げた奉仕活動にたいして2019年度大阪府知事賞を受賞しています。そうした奉仕活動にも参加させて頂きながら、私達の力に限界も有り、時には大阪中央RCに協力のお願いをしたり、各地に設立されている他衛星クラブとの提携も考えています。

又、私達の仲間に東京在住のメンバーもいます、例会はネット通信も活用して例会に直接参加出来なくてもネットを通じて参加して頂き活動を共有していく事が出来ます。この事は日本各地や海外からのメンバーも入会を考えることが可能になります。
こうして多様な人達の入会を希望しています。

変革した新しいロータリアン像ができ上がるかもしれません。

大阪中央ミレニアルズ
ロータリー衛星クラブ
幹事挨拶

〈2019-20年度〉

2019-20年度
幹事 大代 剛士

大代 剛士
初めまして、大阪中央ミレニアルズロータリー衛星クラブの初年度幹事を務めさせていただく、大代 剛士(おおしろ たけし)と申します。

初年度幹事という大変光栄な大役に少し不安を感じながらではありますが、チャーターメンバーとして参加させていただくことを誇りに思い、精一杯頑張っていきたい所存です。

私自身、これまで会員家族としてロータリーに接してまいりましたが、自主的に参加させていただくのは、当クラブでの活動が初めてです。
大阪中央ミレニアルズロータリー衛星クラブは独立したクラブであるということを念頭に置き、時代とニーズに合わせた支援を皆で協力し、実のある活動をしていけるクラブである為に、会員の潤滑油のような存在であれるよう、日々当クラブの事を考え邁進して行けたらと思っています。

さて、今年度国際ロータリーのテーマに「ロータリーは、世界をつなぐ」とありますが、家族とロータリーは補完しあうものでなければならないとマーローニー氏は仰っています。
また、当クラブの本年度のテーマとして藤田議長が掲げられた「ワーク・ライフ・インテグレーション」には、ロータリーは家族と仕事を繋ぎ、より豊かで充実した人生となるようにとの思いが込められています。

私もこのテーマには非常に感銘を受けております。ロータリー活動を通じて自身の家族や仕事をより大切にすることを学び、当クラブで出会った方々とも家族のように関わり、より強い繋がりと結束力を築きたいと思います。そしてその強い関係をもって、より良いロータリー活動につなげていきたいと思います。

最後になりますが、当クラブの設立にご尽力賜りました方々に心より感謝し、またチャーターメンバーとして参加して頂いた会員に出会えました事に心より嬉しく思います。

足らずばかりな幹事ではあるかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。