東日本大震災復興支援委員会[南三陸町との絆2]

東日本大震災復興支援委員会トップ > 南三陸町との絆 > 南三陸町との絆2

『絆(きずな)』No.11

前略
 暑い夏もようやく過ぎて、朝夕は涼しくなりました。大阪はいかがでしょうか。古谷会長様はじめロータリークラブの皆様方にはお変わりないことと存じます。
 東北は今みのりの秋を迎えています。稲刈等の収穫で忙しい時期になりました。港地区の被災された皆さんは、暑い日が続いて仮設住宅の暮らしは大変のようでした。暑さに負けないで頑張ったようで安堵いたしました。漁師の皆さんはワカメ養殖の準備を始めました。来春の収穫が大漁であることを願っています。
 優香さん就学支援金を受け取りました。誠にありがとうございます。優香さんはアジア協会の友の会様のご支援により、今月6日〜8日間の東京ツアーで、港地区子供会親子旅行に参加しました。香奈さんは元気で頑張っているそうです。お父さんも工場を再建して事業を再開いたしました。事業が順調にいくと良いと思います。
 南三陸町は復旧、復興事業が少しずつですが進んでいるようですが、復興はまだまだです。港地区の復旧工事はこれからです。工事が始まりますと大変混乱するのではないかと思います。何とか頑張りたいと思います。どうか今後共ご支援をよろしくお願いいたします。


『絆(きずな)』No.12

 お元気ですか?平形さんの方から、今回も御支援受け取りました。 ありがとうございます。
震災から1年7ヶ月経ちました。今回港地区子供会で、アジア協会さん支援で東京ディズニーランドへ行って来ました。震災以降、娘をどこにも連れて行けなかったのでありがたく参加しました。娘も初めての東京だと喜んでいました。良い思い出ができて良かったです。日も短くなり、朝晩寒くなってきました。お体に気をつけて頑張って下さい。


『絆(きずな)』No.13

前略
 古谷会長様はじめ大阪中央ロータリークラブの皆様方におかれましては、お変わりありませんか。今年は残り少なくなりました。数々のご支援をいただきまして、ありがとうございました。
 被災から2回目の冬を迎えています。何かと厳しいですね。未だに南三陸町は復興が進まない状況でおりますが、師走に入り港地区の漁師の皆さんは現在養殖のワカメ種子植付作業に追われております。来春の収穫が大漁であることを願っています。
 先日、優香さんと香奈さん就学支援金(12月、1月分)を受け取りました。お二人の両親へお届けいたしましたので、ご承知下さい。優香さんは、12月15日(土)クリスマス会を楽しみに元気に過ごしております。 香奈さんは、正月は故郷に帰省をしないで入学試験のため頑張っている様子をお父さんより伺いました。どうか今後ともご支援をよろしくお願いいたします。
 更に、先日辻川様より今年も港地区子供会のクリスマス会にプレゼントを贈りたい旨の連絡をいただきました。本当に感謝を申し上げます。
 それでは、益々寒さが厳しくなりますので、ご健康に気をつけてご活躍下さい。


『絆(きずな)』No.14

 今回も御支援ありがとうございます。 先日の7日の地震、あの時を思い出すような大きな揺れでした。私達親子も辺りの人も皆無事でした。 今日は(12/9)2cmくらい雪が積り、娘は喜んで外に出ました。 お身体に気をつけて良い年をお迎え下さい。


『絆(きずな)』No.15

前略
 毎日寒い日が続いております。
幸い歌津は雪の少ない地域なので助かっております。先般、港子供会のクリスマス会開催に子供達へのプレゼントを沢山ご支援いただきました。本当にありがとうございました。報告が遅れて大変申し訳ありませんでした。親子で楽しんでいる様子の写真等を送りましたので、よろしくお願いいたします。


『絆(きずな)』No.16

大阪中央ロータリークラブ様へ
 先日は沢山のクリスマスプレゼントを送って下さり、ありがとうございました。子供育成会で小さい子供達と共にクリスマス会を催し、楽しませていただきました。皆でツリーを飾り、願い事を書いて吊るし、サンタ役、トナカイ役などの仮装をし、いただいたプレゼントを配って盛り上がりました。
 毎年、変わらぬお心遣いに本当に感謝しております。寒さも、これからますます厳しくなりますので、お体に気を付けて、そして笑顔の絶えない一年になりますよう、お祈り申し上げます。

1  |  2